ワンルームマンションの一室を不動産業の事務所として開業できるか

不動産業を開業される方の中には、開業コストを下げるためにまずは路面店や面積の広いオフィスではなく、自宅や駅最寄りのワンルームマンションの一室を事務所として利用しようという方もいらっしゃいます。 ワンルームマンションの一室…

続きを読む

不動産業を開業するとき、事務所の広さは一定以上必要ですか?

不動産業を事業として始めようとする方が、事務所として使用する物件を賃借するにあたり、宅建業免許の要件として一定以上の広さがあることを求められるか、その点を心配される方もいらっしゃいます。 結論から述べてしまいますと(以下…

続きを読む

他道府県から東京都への本店移転と他道府県の支店設置を同時に行う場合

かなりレアなケースなのでタイトルだけからは分かりにくいかもしれませんが、たとえば他道府県に本店を設置して他道府県知事免許で不動産業を営業していた会社さんが、本店を東京都に移転させるのと同時に、それまで本店だった場所を支店…

続きを読む

不動産業者の支店(従たる事務所)設置の流れ-埼玉県-

埼玉県内に本店のある不動産業者(宅建業者)様が、新たに同じ埼玉県内へ宅建業を営む支店(または従たる事務所)を設置する場合、手続きは主に以下のような流れで進むことになります。(東京都の場合はこちらをご参照ください) 埼玉県…

続きを読む

宅建業免許の免許換えと手続き上の注意点

宅建業免許は、本店を移転したり、支店(または従たる事務所)を設置したりすることで、管轄行政庁(免許権者である知事)が変わり、それまでの宅建業免許から新たな宅建業免許へ切り替えを行わなければならないことがあります。 このよ…

続きを読む

不動産業者の支店(従たる事務所)設置の流れ-東京都-

東京都内に本店のある不動産業者(宅建業者)様が、新たに同じ東京都内へ宅建業を営む支店(または従たる事務所)を設置する場合、行政庁へは「変更届」を提出するだけであり、新規に免許を受ける手続きより簡単に思えます。 しかし、支…

続きを読む

宅建業免許の事務所写真を撮影する際の注意点

宅建業免許の申請に際して添付するための、宅建業者の事務所の写真撮影。これは「なんとなく事務所の雰囲気が分かればOK」というものではなく、実は補正が出されたり、場合によっては申請を受理してもらえない大きな要因になりやすい重…

続きを読む

不動産業の事務所に掲示する宅地建物取引業者票とは

宅建業免許を受け営業を開始するとき、本店や支店、従たる営業所ごとに宅地建物取引業者票と報酬額表(宅建業者としての標識)を、来客した人が確認できる位置に掲示することが法に定められています。 業者票は、免許の有効期間や専任の…

続きを読む

支店を別の都道府県内に移転させる大臣免許換え

たとえば東京都内に本店と支店(または従たる営業所)を設置している不動産業者さんが、支店(従たる営業所)を他の道府県内へ移転させるのであれば、宅建業免許は東京都知事免許から大臣免許への免許換え手続きを行わなければなりません…

続きを読む

本店が東京の不動産会社が他道府県に支店を設置するとき

東京都に本店を設置して宅建業免許を受け営業中の不動産会社様が、新たに別の道府県へ支店や従たる事務所を設置する場合、宅建業免許を東京都知事から国土交通大臣へ免許切り換える手続き(大臣免許への免許換え)が必要となります。 大…

続きを読む

 

宅建業免許の申請や不動産会社設立に関する初回相談は、無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信に数日の期間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は、極力お電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
お電話でご連絡メールでご返信

区分

メッセージ本文

ページトップへ戻る