宅建業免許の更新に当たり早めに注意や準備をしておきたいこと

不動産業を営むための宅建業免許は、5年に1度、免許の更新手続きを行わなければなりません。この手続きで必要となる要件や資料は、新規に宅建業免許を取得する際の申請とほとんど同じです。法定手数料が33,000円(知事免許の場合…

続きを読む

会社の代表者が外国人でも宅建業免許は取得できますか?

会社(法人)が新たに不動産業を開業するとき、あるいは不動産業を新たな事業として追加するとき、代表取締役の国籍が外国人である場合、宅建業免許の申請や取得は可能でしょうか。 これは比較的ご相談をいただく機会の多いケースですが…

続きを読む

宅建業免許の更新手続き中に変更事由が生じたとき

宅建業免許は5年に1度、免許期限より一定日数前までに、更新手続きを取らなければ失効してしまいます。 この宅建業免許の更新の手続き書類を行政庁に対して提出し、行政庁での審査が行われている時期に、たとえば役員様の変更をしたあ…

続きを読む

宅建業免許は正式な会社名と異なる屋号でも申請可能?

これまで不動産業とは関係のない事業を営んでいた会社(法人)様が、これから宅建業免許を取得して不動産業に踏み出そうとする場合、会社名と不動産業との関連性が薄く、そのまま営業することに支障が生じるときがあります。 正式社名以…

続きを読む

宅建業免許(不動産業)と兼業事業

既に何らかの事業を営んでいる会社が、新たに不動産業を取り扱う場面での宅建業免許の申請は、行政庁からいくつかの確認がなされることがあります。 ※なお、専任の宅地建物取引士の兼業については別ページをご参照ください。 新たに宅…

続きを読む

宅建業免許の申請時に外国人役員がいる場合

外国人役員が含まれる会社の宅建業免許申請においては、日本人の役員であれば取得可能な証明書等を用意することができないため、別の書類の添付を求められることになります。 この際、提出すべき各種書類は外国籍の方が日本在住なのか外…

続きを読む

宅建業免許を受けたら従業者証明番号を管理する

不動産業者として宅建業免許を受けて営業を開始する場合、宅建業に従事する人それぞれに従業者証明番号を割り振って、その番号を管理しなければなりません。 従業者証明番号の割り振りの要否 従業者証明番号は、「宅地建物と理非偉業に…

続きを読む

東京都の宅建業免許の手続き的な流れ

東京都内に事務所を設置して不動産業を始めるとき、あらかじめ必要となる手続きが都知事の宅建業免許の申請と、供託所への供託(または保証協会への加入)です。 宅建業免許の事前準備 ここでは、ご自身にて手続きを進められる方を前提…

続きを読む

個人事業主としての宅建業免許の申請

不動産業で起業する場合、会社を設立して法人として知事または大臣の宅建業免許を受ける場合が多いと思いますが、法人化せず個人事業主の宅建業免許を受けることも、もちろん可能です。 宅建業免許を受ける際の個人事業と法人との違い …

続きを読む

宅建業免許の手続きに必要な日数

宅建業免許の取得に必要な日数は、取得する免許が知事免許なのか大臣免許なのか、供託金を利用するのか保証協会に加入するのかによって、かなり左右されます。 賃貸物件を事務所として不動産業の開業を予定する場合、それだけ空家賃など…

続きを読む

 

宅建業免許の申請や不動産会社設立に関する初回相談は、無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信に数日の期間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は、極力お電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
お電話でご連絡メールでご返信

区分

メッセージ本文

ページトップへ戻る