宅建業免許の更新手続き代行

  • 日々の業務に専念したいので、書類の作成や提出は代行してもらいたい
  • 宅建業の免許更新について相談しながら進めたい
  • 免許の期限が近付いてきたが、何から手をつければよいかわからない

本サービスは上記のようなお客様に対して、宅建業者として継続して営業するため五年に一度求められる宅建業免許の更新のための書類収集、申請書作成、行政庁への提出を行政書士が代行させていただくものです。

宅建業免許の更新手続き期限は?

東京都知事免許の場合、宅建業免許の更新手続き期限は5年後の有効期間満了日から遡って30日前になります。そして、更新申請書が提出できるのは有効期間満了日から遡って90日前ですから、おおよそ期限の3か月前から1か月前の間に、免許更新の手続きを完了しておかなければならないことになります。

なお、有効期間満了日を過ぎてしまうと、その宅建業免許の更新は一切できなくなってしまいます(もし引き続き宅建業を営む場合は、取引活動を一度停止して、新たに免許を取り直すなどの手続きを要します)。

提出期限である有効期間満了日から30日前の日を過ぎてしまった場合には、宅建業免許更新の手続き自体は行える可能性が高いため、お急ぎでの更新をご希望の不動産業者様は、すぐ一度ご相談ください。

宅建業免許の更新サポート

免許更新手続きの代行・サポートは、免許の種類等によって料金が異なります。

宅建業免許(知事)の更新サポート

東京都知事や埼玉県知事など、知事の宅建業免許の更新手続きを代行・支援させていただくプランです。

基本料金 知事免許:70,000円(税抜)
その他の費用 法定手数料が、別途33,000円かかります。

宅建業免許(大臣)の更新サポート

国土交通大臣の宅建業免許の更新手続きを代行・支援させていただくプランです。

下記料金は本店1、支店(従たる事務所)1での目安ですが、店舗数が多い場合には見積いたしますので、お気軽にお問合せください。

基本料金 大臣免許:100,000円(税抜)
その他の費用 法定手数料が、別途33,000円かかります。

宅建業免許換えサポート(知事から大臣 大臣から知事)

免許の更新ではなく、支店(従たる事務所)を新たに本店とは別の都道府県に設置する場合は、知事免許から大臣免許への免許換え手続きとなります。

逆に支店(従たる事務所)を減らして、1つの都道府県内のみに営業所がまとまる場合には、国土国通大臣免許からその都道府県知事免許への免許換え手続きが必要です。

基本料金 知事免許へ:130,000円(税抜)
大臣免許へ:150,000円(税抜)
その他の費用 知事免許は法定手数料33,000円。
大臣免許は法定手数料90,000円。

大臣免許への免許換えにつきましては、国土交通大臣の宅建業免許ページに詳細がございますので、合わせてご参照ください。

宅建業者の変更届

その他、更新ではなく代表者や役員様の変更、専任取引士の変更、会社の社名変更や所在地変更など、免許申請時に提出した情報が変更となる場合は、30日以内に変更届の提出を行わなければなりません。

この際の料金は、おおむね以下の通りです。

基本料金 20,000円~(税抜)
業務の内容 事務所や代表取締役、宅地建物取引士が変更する場合等に必要となる、宅建業変更届の作成と提出を代行いたします。
 

宅建業免許の申請や不動産会社設立に関する初回相談は、無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信に数日の期間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は、極力お電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
お電話でご連絡メールでご返信

区分

メッセージ本文

ページトップへ戻る