サブリースと宅建業免許の要否

サブリースという言葉は広い意味で使われていますが、ここでは、いわゆる物件を一括で借り上げての転貸業のことを指します。物件の所有者(家主)さんに賃貸のノウハウなどがないために、それらを一括してサブリース業者に委託する際などに利用される事業形態ですが、このサブリースについて宅建業免許の要否を迷われる場合も多いようです。

宅建業免許の適用範囲と一括借り上げ

宅建業免許が必要な行為は、主に「宅地または建物について自ら売買又は交換することを業として行うこと」及び「宅地または建物について他人が売買、交換又は貸借することにつき、その代理若しくは媒介することを業として行うこと」です。

自己所有の物件 他人の物件の代理 他人の物件の媒介
売買
交換
貸借
不要

サブリースと宅建業免許

上記を前提にサブリース業を考えると、サブリースは他人所有の物件を賃貸しており、物件所有者と賃借人が間接的であることから、一見、宅建業免許を取得すべき事業にも思えます。

サブリースの流れ

しかし一括借り上げの場合、実質的には建物などの家主(オーナー)の立場に成り代わって自ら貸すことになるため、原則として宅建業免許は不要という扱いになっています。

※ただし、都道府県によってサブリースに対する認識が若干異なる場合があり、またサブリースという言葉自体も一義的ではなく多様な業種を含むものです。

管轄する都道府県によって、サブリースなら不要と端的に判断する行政庁もあれば、取り扱う業務内容を具体的に説明してもらってから要否を判断する行政庁もあります。

そこで、これから宅建業免許を申請するというサブリース業者は、少なくとも事前に管轄行政窓口に確認を取るほうが安心です。(または行政書士にご相談ください)

サブリース業から逸脱しないように注意

一般的なサブリース事業は宅建業免許が不要と判断されることが基本とはいえ、不動産に携わる仕事であることから、業務を展開していく上で何らかの契機でつい不動産の仲介に手を出してしまうということも起こりかねません。

このような場合、たとえ少額であっても不動産の仲介に際して手数料を得てしまうと、その時点で宅建業法違反となってしまいます。

あわてて宅建業免許の申請をしようとしても、既に宅建業法上の違反歴があるため免許が下りない事態に陥ります。サブリース業を行う際は、サブリース業と関連して宅建業法に違反する業務をつい(少額でも!)行ってしまわないよう、十分注意してください。

 

宅建業免許の申請や不動産会社設立に関する初回相談は、無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信に数日の期間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は、極力お電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
お電話でご連絡メールでご返信

区分

メッセージ本文

ページトップへ戻る