宅建業免許における政令使用人の要否の違い

代表取締役が他社の代表取締役も兼ねている場合(つまり複数の会社の代表取締役である場合)に、宅建業免許を申請するにあたり政令使用人を設置する必要があるかは、判断基準が都道府県によって異なるため、予め十分確認が必要となります。

非常勤代表取締役の可否

たとえば、代表取締役が他社の代表取締役となっているような場合。関西圏の役所では、この場合にも他社から非常勤証明を発行してもらうことによって、政令使用人などを設置しなくても申請を受理してもらえることが多いようです。要は、「非常勤の代表取締役」というのを認める(こともある)という立場をとるところが多いようです。

一方、東京都などは非常勤の代表取締役というものを原則認めない立場ですから、これから宅建業免許の申請をしようとする会社の代表取締役が、他社の代表取締役も兼ねている場合には、政令使用人の設置が必要となってしまいます。

ただし、他社側の代表取締役が複数存在する場合には、例外的な扱いとして東京都でも非常勤の代表取締役が認められる場合もあります。

代表取締役兼専任の宅地建物取引士の場合

ところで、代表取締役が他社の非常勤代表取締役等であって政令使用人の設置を求められない場合でも、その代表取締役が専任の宅地建物取引士を兼ねようとするときは、結局のところ専任の宅地建物取引士としての常勤性を満たせず、免許申請ができないことがあります。

政令使用人の要否における代表取締役の常勤性の問題と、専任の宅地建物取引士としての常勤性の問題は、行政庁の判断基準が異なりますのでご注意ください。

政令使用人が他社の代表取締役である場合

同様、代表取締役ではなく政令使用人が他社の代表取締役を兼ねる場合なども、役所によって判断が異なることがあるようです。前述の代表取締役の基準同様、東京都においては原則として、他社代表取締役となっている人は政令使用人として認められません。

本店移転や分社化、免許換えの際などは注意

本店を移転する場合や、従たる営業所などを分離・分社化するときは、このような基準の変化によって、宅建業免許上の政令使用人設置の要否や、政令使用人と認められるか否かが異なってくる可能性があります。

また同様の基準の変化は、知事免許から大臣免許への免許換えによっても生じることがあります。代表取締役や政令使用人が他社の役員(特に代表取締役)を兼ねている業者様は、宅建業免許の申請や変更に際し、判断基準の変更がないかご注意ください。

 

宅建業免許の申請や不動産会社設立に関する初回相談は、無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信に数日の期間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は、極力お電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
お電話でご連絡メールでご返信

区分

メッセージ本文

ページトップへ戻る