保証協会加入時の手続き(全宅)

宅建業免許の取得の際に、供託ではなく保証協会(全国宅地建物取引業協会・ハト)に加入する場合、用意する書類や手続きの流れは主に次のようなものです。

時期や状況、支部によって必要な書類や手続きの流れが変わりますので、正確な情報は最寄の全国宅地建物取引業協会支部へお問い合わせください。

入会に必要な書類(例)

書類の名称
1 入会申込書(業協会、保証協会、協同組合など)
入会誓約書(念書)
会員基本台帳
都庁提出書類のうち、必要な部分
個人情報の取扱いについて
通信講座申込書
レインズ利用申込書
免許通知ハガキ
入会調査に関する書類
10 連帯保証書(代表者個人)
11 会社の印鑑証明書
12 代表者個人の印鑑証明書
13 代表者等の顔写真
14 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
その他、数点の書類が必要です。

保証協会加入時の主な流れ

1.都庁への宅建業免許の申請

先に宅建業免許の申請自体を済ませておき、申請済みの印のある副本を用意します。
次へ

2.入会の申込み

東京都の場合は、各支部にて入会の申込みを行ないます。この際、事前に入会に必要な書類を事前に取得・相談しておくと、手続きがスムーズです。
次へ

3.事務所調査や入会審査

都の審査と並行して、協会の事務所調査や入会審査、支部長面談などが行われます。また、入会金の振込などを行ないます。
次へ

4.免許通知

都から宅建業免許交付のハガキが届きますので、このハガキを郵送・持参などで協会に提出します。
次へ

5.免許証の交付

保証協会側での供託が完了した後、免許証が交付され、宅建業の営業を開始できます。
 

宅建業免許の申請や不動産会社設立に関する初回相談は、無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

お電話での相談をご希望の方
メールでの相談をご希望の方

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信に数日の期間を頂戴する場合がございます。お急ぎの方は、極力お電話にてご相談ください。

お名前 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
お電話でご連絡メールでご返信

区分

メッセージ本文

ページトップへ戻る